エモブログ

emoemo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 31日

『ノルウェイの森』へ。 sanpo

f0152825_323456.jpg

村上春樹の代表作『ノルウェイの森』。

15の時に初めて読んでから、今まで何度も読み返している大好きな小説です。



この小説の中に、主人公ワタナベが暮らす学生寮が登場しますが、
このモデルになったと言われる場所が、早稲田大学の裏手、目白台の丘の上にあるのです。



「和敬塾」という学生寮で、村上春樹さんが1960年代に早大に入学してから
半年ほど実際に住んでいた場所です。


この和敬塾、通常は関係者以外は入れません。


が!会社の後輩がこの寮のOBで、今日は特別に見学させてもらいました。
(なんとこの後輩、村上春樹が住んでいた部屋に入っていたそうな!)


寮の中庭には小説に出てくる国旗掲揚台や銅像があり、
主人公のワタナベが「永沢さん」と出会った食堂などが、当時のまま残っています。


残念ながら村上春樹が過ごした寮は一昨年取り壊されてしまい、
現在は新しい建物になってしまいましたが、寮全体から小説の雰囲気はたっぷり感じられました。


ちなみにこの和敬塾、応援団並みに先輩後輩の上下関係が厳しく、
新入生はとっても大変なんだそうな。


それでもいろんな地方から集まる友人たちと過ごす寮生活は、一生の財産になりそう。
うらやましい。。。俺も学生時代にこの寮の入りたかったっす!



f0152825_42304.jpg
寮の中庭にある国旗掲揚台と、創立者の銅像。

f0152825_424326.jpg
ワタナベの部屋とほぼ同じ場所からの中庭の眺め。

f0152825_43657.jpg
寮の食堂。

f0152825_435986.jpg
敷地内にはまだ古い寮もありました。昭和の雰囲気たっぷり。




【★Flickrはじめました★】

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

(GR DIGITAL II)
[PR]

by emoemo102 | 2009-05-31 04:30 | 街歩き


<< 写真展、明日からはじまります!      6月に写真展やります。 >>